フォトアルバム

2017年4 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

Powered by Typepad

ウェブページ

« スーパームーンの宵に鞍馬山では | メイン | 凄い人 »

2012/05/07

コメント

リュウ・タカハシ

あれれ、ハンドル名の後ろに本文のコピーがくっついてましたね。
失礼しました、なんでそんなことが起こるんでしょう?>Android

ま、ともかく。
確かにお気持ち分かりますけどね。
親しい人間が危ないレスキューに出てて、自分自身は安全なとこにいたりすると特にね。

(今度はバグりませんように)

uchida

>リュウさん
コメントありがとうございます。

現場にいれば、自分でも人命を救うことだけ考えて行動します。
どんな状況であろうと、助けた人に情を感じます。

当事者ではない立場から見た時に、遭難者の行動や心構えがどうしても許せない……その点が、Sさんのような筋金入りの山ヤと違うなと感じたのです。

リュウ・タカハシ

「似非」とか「ほんとう」とかってことじゃなくて(僕には線引きが分かりませんけど)、実際にレスキューしたことがあるか否か、それだけのことだと感じます。

死の淵に半歩足をつっこんでいる人を目の前にして、彼に唾を吐きかけられる人はいません。
レスキューが成功したときの喜びも、説明のつかないとても根源的なもので、優しさとはちょっと質が違うと感じます。

レスキュー隊の皆さん、本当にお疲れさまでした。
亡くなった方のご冥福をお祈りします。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)