フォトアルバム

2017年7 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Powered by Typepad

ウェブページ

« 砂漠に行きたい | メイン | 船出前に金刀比羅参り »

2011/01/03

コメント

uchida

>まんぼうさん
コメントありがとうございます。
父が逝った日は、朝から台風が直撃して凄まじい嵐でした。
息を引き取った瞬間、台風の目に入って、青空がポッカリ開いて、太陽が射し込みました。
まんぼうさんがこの世に生を受けた翌日は、台風一過の素晴らしい天気で、父は彼岸へつつがなく渡って行ったんだなと思いました。

まんぼうさんが私の父と入れ替わりにこの世にやってきて、私を見つけてくれたのは、不思議ですね。
亡くなって以来、あまり夢にも出てこない父ですが、こうして父が縁を繋いでくれることで、魂はいまだに見守ってくれているんだなとあらためて思いました。

父の歳を追い越し、これから父の分まで広く世の中を見渡して、表現活動を行っていきますので、よろしくお願いします!

まんぼう

レイラインに興味をもったことがきっかけで、著書やブログを拝見させていただいています。
すてきな文章をいつもありがとうございます。

1979年10月19日にお父様が亡くなったとのこと。
私は1979年10月20日に生まれました。
内田様のお父様が亡くなり、その次の瞬間に私が生まれたことになります。
入れ替わるかのように
ひとつの命が終わりを迎え、ひとつの命が始まる。
もちろん、直接存じ上げているわけではありませんが
この記事を読んで、その循環がとてもリアルに感じられました。

自分の心が、これまで築かれてきた
多くの礎とともにあるようです。

とても不思議な気もちになりました。
ありがとうございました。

uchida

>スナフキン
あけましておめでとう!
そうか、君も同じような時期に、同じような経験をしていたんだね。
ずっと親不孝ばかりしていて、一緒に酒を酌み交わすこともできず、悔いばかり残っているのはまったく同じです。
お互い、父親の分まで充実した人生を送らなければね……。
ぼくは、あと三日でついに父に追いつきます。

スナフキン

御無沙汰です。
そういえば僕の父は49歳で患い、僕は大学を中退する事になりました。それから半ば投げやりに生きていた僕を、父は一切責めずに黙したままでした。自分のせいだとの自責の念からか、すまなそうにしてたのを覚えています。僕はそういう自分に嫌気がさしたのですが、未熟だった僕は前向きに努力して父を安心させる事が出来ませんでした。

それから10年後に父が他界した時には、かけがえのない人を傷つけたまま亡くしてしまったと思ったのを覚えています。僕も10年後には、父の年齢を超えることになります。

とりとめのない事を書きましたが、記事を読んでふと父を思い出しました。

uchida

>中岡さん
コメントありがとうございます。

年末に帰省しなかったのは、単なる気まぐれで、あまり大それたことには繋がる気配はないようです(笑)
CDの件は、自分で言うのもおこがましいですが、テレビでの解説はわりとご好評いただいたので、いずれ動画でのレポートをまとめようかと思っております。
講座のほうでは、睡眠薬のような声というご感想もありますが(笑)

こよみのリズムはたしかに、旧暦や節気のほうが便宜的なグレゴリオ暦よりも生きるリズムに合っている気がしますね。
最近、中国の威勢がいいのも、旧暦ベースの社会を取り戻したからなのかもしれませんね。

今年もよろしくお願いします!

nami

お父様に似てらっしゃいますね。きっとこの写真の出来事は次へのステージへの扉のようですね。そう感じました。今までの思想やルールなどの新たな再構築のような。
…以前CDを購入をしましたが、これを素敵なお声なので語りを通して何枚かにしてはどうでしょうか。音と語りとでの展開です。
…お正月は自然から切り取ったグレゴリオ暦なので体には合いません、なので、ふつうでいいんです。私も部屋で閉じこもっていろいろやっていました、周りが不自然なので、しょうがありませんね。
また湘南での講座楽しみにしています。
中岡美登貴

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)