フォトアルバム

2018年11 月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

Powered by Typepad

ウェブページ

« 瀬戸内シーカヤック再び -- Free Cloud -- | メイン | GARMIN Edge705 日本版 »

2009/06/12

コメント

uchida

>Kupmoさん
お待たせしてしまってすいません。
ようやくトンネルの出口が見えてきましたので、もう少々お待ちください。
----------------------------
 鹿島神宮の本殿の位置は「東経140度37分54秒、北緯35度58分07秒」、守屋山山頂は「東経138度05分36秒、北緯35度58分04秒」。鹿島神宮の本殿から鳥居の方向へと目を向け、そのまま進んでいった先、緯度にしてわずか3秒、距離にして約90メートルのずれで守屋山山頂をにらみ据えていることになる。さらに、この北緯35度58分の線上には鹿島神宮の分社が点々と配置され、国譲りを迫った鹿島神宮の祭神武甕槌神に対して唯一敵対した建御名方神を記紀神話の時代から遠く隔たった今でも威嚇している形になっている……
------------------------------
といった感じで、進めてますので、乞うご期待!!

Kupmo

「DVDまだかな~?」と、新たな情報を待ち望んでおりました!

先日の「東国三社ツアー」には私は参加断念せざるを得なかったので、早や次のツアーを心待ちにしております。

その前に私ももっといろいろな事を「探索」しようと思っていますが、内田さんのDVDからいろんなインスピレーションを頂きたい、などとちゃっかり思ってもおります。

完成を楽しみにしています!

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)