フォトアルバム

2017年7 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Powered by Typepad

ウェブページ

« 【お薦めの一冊】『密林の語り部』(バルガス・リョサ 西村英一郎訳) | メイン | 311から間もなく1年 根尾・薄墨桜 »

2012/02/23

コメント

uchida

>ぬかたのおおきみさん
そう、《玄生の大杉様》です。あれが妙に怖かった(笑)
中学卒業以来35年…あっという間でしたね。私の方は未熟さはあの頃とまったく変わってませんが。
今後ともよろしくお願いします!
ところで、遠い昔で、自分が何組だったかも覚えてないのですが(アルバムも実家でどこかに埋もれておりまして)、3年5組2番さんというと?

ぬかたのおおきみ

山の中の天狗のお面は《玄生の大杉様》ですね。鉾田の子は春の大竹遠足の時、その傍を通りました。樹齢300年のクヌギの木にお面をつけ 村人の厄除け・安全祈願をしたらしいです。内田さん…いいえ、内田君の故郷話、私がよくわかるのは、私が小・中学校のクラスメイトだからです。ちょっとしたきっかけで、『レイラインハンター』に出会いました。不思議なものです。中学卒業以来35年もして、こんな再会があるなんてね。これからも ブログ、ツイッター楽しみにしてます。・・・・・3年5組2番より。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)