フォトアルバム

2018年9 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Powered by Typepad

ウェブページ

« 泰澄、行基、空海、そして円空 | メイン | 幻想の森 »

2010/10/03

コメント

uchida

>ゆめさん
コメントありがとうございます。
先週末から先ほどまで、高松に滞在してました。
瀬戸内国際芸術祭のイベントでレイラインのトークライブを開かせていただきました。
あちらは、昼間は夏日でTシャツでした。
ちょうど、まともな夏を取り戻したような気分で気持よかったのですが、この気候もかなり異常ですから、この先が心配ですね。

この記事は、多治見のほうにある禅林のことですが、ほんとに絵に描いたような不思議な空間でした。

私の気に入りの場所に追加しました。

ゆめ

10月も中旬というのに今日は半袖で過ごせました。
やはり今年は少し変な天候です。

「禅林の静寂を乱す者は入場を禁ずる」読みながら思わず背筋がしゃんとしてしまいました。

清流が滝となって注ぐ岩山、その上にある茅葺き屋根を乗せた小さなお堂…。澄み切った空気が目の前に広がります。いつもながら引込まれました。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)