2018年夏・ツーリングマップル取材準備

今年の相棒"トライアンフ TIGER 800 XCA"

2018-06-05 13.05.29

2018-06-05 13.05.30

2018-06-05 13.05.31

今年の「ツーリングマップル中部北陸」の取材車両がやって来た。久しぶりのトライアンフだ。

トライアンフは、3気筒エンジンを搭載した初代のスピードトリプルやそのスーパースポーツ仕様に乗り、さらにベーシックモデルのパラレルツインのボンネビル、そして初代のタイガーに乗ったが、かれこれ15年くらい経っている。

トライアンフの3気筒モデルは、とにかく吹け上がりが軽く、気持ちのいい印象があった。今年の相棒の"TIGER 800 XCA"は、そんな3気筒の800ccエンジンを積んでいる。

さっそく走らせてみると、昔のよく回る印象はそのままに、低速のトルクもあって、どんなレンジでも乗りやすいモデルになっていた。初代のタイガーはちょっとトップヘビーな感じだったが、熟成を重ねてきたこのこのモデルは、重心も低くコントロールしやすい。

この数年は、BMW1200GSやKTMのアドベンチャーシリーズを相棒にしてきたけれど、ツインエンジンのGSやKTMと比べると、やはり3気筒のタイガーは吹き上がりがスムースだ。しかも4気筒に比べればスリムで軽量なので、取り回しは2気筒モデルとほとんど変わらない。さらに、XCシリーズはフロントが21インチのオーソドックスなオフロードタイプのホイールで、直進安定性が良く、轍にもハンドルを取られにくいので、どんどんオフロードに入って行こうという気にさせる。とくにサンドで轍が錯綜しているようなところだと、18インチのフロントホイールを履く他のアドベンチャーモデルでは気を使うけれど、XCAは減速することなく、そのままスッと踏み込んでいける。

やや立ちが強い印象があるけれど、逆に自分から寝かし込んでいくようなコーナリングは、昔のエンデューロモデルのようで、個人的には好みだ。

ギアは6速だけれど全体にクロス気味なので、6速までシフトアップしてもまだ上のギアがあるような気がして、シフトペダルを上げようとしてしまう。メーター内に大きなインジケーター表示があるので、「あれ、もう6速なのか」と気づく。GSやKTMのアドベンチャーモデルは、6速はオーバードライブ的で、一般道を50 - 60km/h程度で流すには、ちょっとギクシャクしてしまったが、タイガーは6速60km/hで2400rpm程度なのでギクシャク感はないし、そこからスムースに加速していける。欲をいえば、6速は高速での燃費向上を意識して、もっとオーバードライブにしても良かったように思う。

もっとも、フロント21インチとあいまって、クロス気味のギアは、オフロードに入ると、常に最適なトラクションを掛けていられるので気持ちがいい。これは、TKCあたりのピックオフロード用のタイヤを履かせて、アグレッシブにオフロードを走りたくなる。

というわけで、今年は、このタイガーを相棒に、林道なども積極的に走ってみようと思う。

また、走り込んでから、詳しいインプレッションをしてみたい。

2018-06-05 13.06.04
スリムに仕上がった3気筒は、パラレルツインとボリュームがさほど変わらない。スキッドガードがまたオフに踏み込む気にさせる

2018-06-05 13.06.05
ホワイトパワーのショックは手軽に減衰力を調整できるので、自分好みにセッティングできる

2018-06-05 13.05.59
ギュッと絞り込まれたタンクは、とてもニーグリップしやすい

2018-06-05 13.06.06
視認性の高い多機能液晶メーター

2018-06-05 13.06.00 2018-06-05 13.06.01
最新モデルらしく、多様な走行モード選択ができたり、クルーズコントロール、シート・グリップヒーターなどが装備されているのはいいのだけれど、スイッチ類が多くて、ときどき、押し間違えることも…

2018-06-05 13.06.03 2018-06-05 13.06.02

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)